Index > Diary > 2006年3月号


最近の更新
BlogRSS
from k-taiRSS
お気に入り

「超」文章法
「書き始めなければ文章は完成しない」と言うことで、その中で出てくる「現役効果」「自動進行効果」と言う解釈は面白かったです。自分の場合、実際にこれを読んで即劇的に文章力が上がるかってことはないと思うんですが、文章に対する姿勢は意識してくると思うので、やっぱり何かしらの「効果」はあるかもしれません。約260pちょっと最初はもたついたけど終盤は速く読めました。
■Tami的に:★★★
***
<< ブログツールにするかこのままでいくか  「DSC-T9」レビュー その2 本命機能「光学式手ブレ補正」はいかに >>

3月16日(THU)
Sony Cyber-shot T9

 邪道と思っていた拡大鏡モード。使ってみるとビックリ!ピントもさくさく合うし、名の通り小さなものを大きく撮れるので、このモード見直しました。おすすめ撮影モードですね。

DSC-T9」レビュー その1 最近のCyber-shotにある「拡大鏡」モード

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 Cyber-shot「DSC-T9」を手にしてみました。いままで拡大鏡モードを使ったことなく、その理由は「簡易マクロ?そんなの邪道」と思ってたから。

 ピントの合う範囲は1〜20cmになりワイド側に固定されるが、使ってみるとピントも素早く合うし、小さな被写体を大きく写せるので使ってみてこれはいいわ!と「本当、今までゴメン」見直しました。

 個人的にマクロと言えばNikonの「COOLPIX 9xx」シリーズを使ってきたので、ワイド側で寄るよりも、ミドル位置もしくはテレ側でどのくらいよれるかの善し悪しで左右されるものだと思ってたので、この「拡大鏡」モードを使ってみて、今までの「寄って撮る」というイメージが変わるような気がしました。

 ピントも迷うことなく、さくさく合うしウワサの機能手ブレ補正も相まって撮っててノンストレスで気持ちよかったし。

 昔のCyber-shotは2枚羽(だったと思う)の絞りだったので、ひし形のボケになりちょっと独特だったけど、最近のCyber-shotは2枚羽の絞りじゃなくなったのかな?詳細はわかりませんが、ボケもわりとキレイかと思います。「拡大鏡」モード結構おすすめです。

関連記事
「DSC-T9」レビューその4 花火を撮ってみる
「DSC-T9」レビューその3 辿り着いたところ
「DSC-T9」レビューその2 本命機能「光学式手ブレ補正」はいかに