Index > Diary > 2004年7月号


最近の更新
BlogRSS
from k-taiRSS
お気に入り

配色イメージチャート
○○なイメージという言葉での探し方ができて便利、RGB/CMYKで色が載ってるのも便利。南雲治嘉氏の本は良すぎ
■Tami的に:★★★☆
***
<< 寄る年波には勝てない・・・?  そば湯っていいらしいですよと言う話 >>

7月16日(FRI)

このサイトって自己満足ですから

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 このサイトのホームページに「デジカメプチレビュー」なんて銘打ってますが、駄文と独りよがりな写真だけですから。持ってる機材だけでの話しか書けませんし。もっともっと有益なサイトがあるでしょう。そーゆ人はよそに行ってください。

 しかしまぁ、デジカメの掲示板とかで俗に言う初心者購入相談で、あたかも丁寧に答えてる人たち(常連が多かったりする)。自称デジカメ評論家なヤツら。そうゆヤツらって大嫌い。

 新製品すべてに触れる機会がないのに、使ったことのないものを何で薦められるでしょうか?おかしくありません?ばかばかしい。カタログのスペックをそのまま見て言ったりとか、「だから初心者向きではないとか」偉そうに。あほか。

 そんでもって自分で高級カメラを持ってしても、(作例のつもりでしょうか)実につまらない写真ばかり。それとかフォトグラファーの視点を真似してるヤツ。真似したって仕方ないでしょう。

 自分もたまに購入相談とかされたりしますが、さすがに最新機種を取り揃えてるわけではありませんから、せめてもと思ってめぼしい機種を実際に触りに行って自分で確かめてから「これはいいかもしれない」とは言いますが(無責任ですね・・・)。自分の持ってるデジカメならなおさら自信を持って薦められます。

 確かに、たくさんのデジカメが氾濫して迷うのも十分分かります。自分も携帯の機種変をするときに、全く知識がなかったので「一番いいのをください」と当時のVodafone最強の「J-SH53」にした経緯があります。

 携帯の場合はせいぜい価格帯も似たり寄ったりなので、それに壊れて今すぐに必要だったのでとりあえず「一番いいのに」しました。デジカメだとほんと、価格も様々だし、迷うのも分かります。

 で、何を買っていいか分からないときは、いろいろ自分で調べなさいよ、と。いろいろとデジカメの本とかたくさん出てますし。「自分で調べる気のないものを何で買って使ってみよう」と思うんでしょう?ここじゃなくて、おせっかいな人は他にたくさんいますから。今回も支離滅裂ですみません。