Index > Diary > 2003年11月号


最近の更新
BlogRSS
from k-taiRSS
お気に入り

塊魂 PlayStation 2 the Best
ゲーム内容は単純明快。基礎となる玉にフィールドに転がる“もの”をくっつける。操作もわりと直感的で難しくない(初回チュートリアルもあり超親切)。ゲームデザインもさることながら、徹底してシステム系のUI(ユーザインタフェイス)までもその世界観で統一、恐れ入ります。曲も愉快。どんどん塊が大きくなるといつの間にかカメラワークが引いてくるし、物陰に“塊”が隠れると「塊」と空かして表示される。ゆるい世界観ながらも細部の作りは丁寧。理屈抜きで楽しめる愉快な1本。
■Tami的に:★★★★★
***
<< 配置の問題  Bon-Bon Blanco サントス・アンナ他4名 >>

11月17日(MON)
Sony CyberShot F77
 究極の(?)デジカメの買い方。とにかく自分が見て「カッコイイ!」とか「かわいい!」って思ったデジカメがあればそれが買いのデジカメである。結局は1台買ってなんでもこなせるデジカメとかはありゃしないわけで。それに今のデジカメはよく写ります。一目ボレしたデジカメでいいじゃぁ〜ありませんか。しのごの言わずに、とりあえず買って、そして撮って撮ってとりまくるのじゃぁ〜!もぉえぇるぅ〜おとこぉのぉ〜あかぁ〜いトラクタァ〜

日は早起き

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 最低でも8時には起きている。なにせアニメにヒーローものに忙しい。土曜日は「プラネテス」(詳しいあらすじとはNHKのサイトからよろしく)、日曜日は「仮面ライダーファイズ」だからだ。

 ファイズの話しは置いといて、今日は「プラネテス」の話しを。と言っても前々回から見始めたので、そんなには詳しくない。でも第1回目から観たかった也。で、前々回から観はじめたわけ。

星に好きな人がいるんですぅぅ!

 人類はやがて月やら火星やらに住んでしまうんだろうか?なんだかそんなことを考えてると難しくなるけどきっとそーなってくんだろうな、と。

 ちょっと火星までは遠すぎるような気がするけど、結構月には近いうち「コロニー」だとか住めるんじゃないかなぁ〜て。

 最初は研究所とか、でちょっとしていくと「月リゾート」とか言ってちょっとしたリゾート地みたいになったりして。

 で、またどんどんしていくと「小都市」みたいになったりして。月には大気がないということらしいから、そんなには大発展はしないかもね。

 火星は大気があってそのままの大気じゃもちろん住めないので、温暖化を進めて植物を育てて酸素のある大気を作るうんたらかんたら、ってーのをどっかの科学雑誌かなんかでちらっと見たような気がする。そうなって火星にも人が住むようになって。

 そーなってくと地球と火星で遠距離恋愛とかあったりしてねぇ、さすがにちょっと火星と地球じゃ遠すぎるし、その遠さが想像つかないし。「あの人は今、瞬くあの火星にいるのね」と思ってもなんだか...地球くらいの大きさなら(なんとなく心なしか)テレパシーみたいので通じてるつもりになれるかもしれないけど、う〜ん火星とじゃちょっと滅入っちゃいます。

 電話したって(通じると言う前提で)光の速さでも地球から火星の片道にでさえ2〜3時間はかかるんでしょ?手紙を書こうものなら、プレゼントを贈ろうものなら、お花を贈ろうものなら、いったいいつになったら届くんだか...

らくりテレビの昌平君

 からくりテレビで「棟梁 のお悩みエリート塾」棟梁、昌平君、美颯ちゃんのやり取りは結構面白かったりしていつも見てたりする。

 最近はすっかりからくりアンである。こないだの放送の時に棟梁が言ってた言葉に「女って恐ろしいこと考えるんだな」ってやつ。棟梁のたまにボソッと言うこうゆうのが好きかも。

 あと美颯ちゃんはちっちゃくてもなんであんな「おんなおんあ」してるの?男なら心当たりあるようなしぐさがありはしませんか?(悪い意味で)くぅ〜ってなります。

 あと昌平君の「エミコさんもう終わりにしましょう」っていうか始まってへんやんかと。そういやたいき君はどうなった?