Index > Diary > 2005年8月号


最近の更新
BlogRSS
from k-taiRSS
お気に入り

塊魂 PlayStation 2 the Best
ゲーム内容は単純明快。基礎となる玉にフィールドに転がる“もの”をくっつける。操作もわりと直感的で難しくない(初回チュートリアルもあり超親切)。ゲームデザインもさることながら、徹底してシステム系のUI(ユーザインタフェイス)までもその世界観で統一、恐れ入ります。曲も愉快。どんどん塊が大きくなるといつの間にかカメラワークが引いてくるし、物陰に“塊”が隠れると「塊」と空かして表示される。ゆるい世界観ながらも細部の作りは丁寧。理屈抜きで楽しめる愉快な1本。
■Tami的に:★★★★★
***
<< 除湿器パワー炸裂  骨付きお肉が大好きです >>

8月22日(MON)
SANYO DSC-SX560

 これもずいぶん前に撮った写真なんだけど、このときはSX560が常時携帯デジカメでした。今でも久しぶりに使ってみるとその爆速(と言っても150万画素だけど)さに驚きます。当時でも群を抜いて最速のテンポだったもんなぁ〜。SX560名機です。

だぐだと書いてみる(ほぼ無題みたいな)、寅さん「男はつらいよ 奮闘篇」みた

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 最近、写真ぜんぜん撮ってないなぁ。いい写真載せてねなんて言われたけどいい写真って何だろう?とも思ったり。結構難しい。

 きれいに撮れても結局は「それで?」って感じやし。心に残る鮮烈に残る写真ってのもそうそうないわけで、例えばそれが二人のラブラブな写真としたらそれは二人だけにわかる「いい写真」なわけで、大衆から見たら「だから?」的そんな写真。

 ましてや自分で撮ってる分はシャッター押した瞬間のことはわりと覚えてたりするので、そのとき撮った写真を見るとそのときのことを思い出したりもするけど。それも「自分だけの」ってことになるわけで。写真撮るってなんだろうね。

 そうそう先日土曜日BSでやってた「寅さん」観てみました。このときやってたのは第7作の『男はつらいよ 奮闘篇』まともに観るのは初めてだったんだけど、結構面白かったテンポ良く進んでいって。

 こうやってみてみるといろんなドラマの「文法」ってのがたくさん盛り込まれてるんだなぁってちょっと思ったりしました。

 んで寅さんの予備知識なんて全然ないわけで、観る前はさくらと寅次郎は実の兄妹だと思ってたんだけど、どうやら違う模様(調べてみたら腹違いの兄妹らしい)。しかもさくらには夫がいたりして。案外観てて気持ちよかったので結構観ちゃうかも。観て良かった。