Index > Diary > 2005年1月号


最近の更新
BlogRSS
from k-taiRSS
お気に入り

Caplio RX
さくさく気持ちよく撮れます。新しい機種が出てしばらくは併売されると思うんですが、この時期が買いだと思います。値段も手頃。撮ってて気持ちいいです。広角28mm相当の画角もかなり魅力
■Tami的に:★★★★
***
<< 杉浦日向子著「大江戸美味草紙」を読む  大根が美味しい今日この頃 >>

1月8日(SAT)
Sony CyberShot F717

 庭のもみじは今年はあまり紅葉してないので残念としばらく見てなかったんですが、4〜5枚ほどの葉がそれなりに紅葉していたので収めておきました。使ってる途中電池の残りが「168分」と表示されてるにもかかわらずソッコウで「電池ありません」の合図が・・・、低温だと電池の性能が著しく低下する模様。

iBookでCDを初めて焼いてみる・他Mac版Officeやら

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 今さらながら(もう買って半年以上になるのに)、iBookでCDを焼いてみた。最初焼き方が分からない・・・。とりあえず生CDを入れてみる。

 そうすると「どうしますか?」と画面が出てくるのでそのままで、生CDが入ったのは認識したみたい。で、もってFinderで焼きたいファイルを持っていって黒と黄色の焼くボタンを押せば焼けるもよう。

 ちなみに入れた生CDは「CD-RW」。ディスクの情報を見てみると、空き容量が0(ゼロ)と。なにぃ〜??調べてみたらFinderで焼くと追記できないみたい。

 ちなみに難しいことをしなくてもWindowsでもMacでも両対応で読み込めるのが便利。ディスクユーティリティからでも焼けるらしくそれは試してないんだけど、とりあえずWindows・Mac両対応のCDが焼けるの便利さに今さら発見。だって、いままでMOやHDDでデータ渡してたんだもん、てな感じ。あ、そういえばiTunesでCD焼いてたっけと今さら思い出す。

 話は変わって、うちのPCには俗に言うOffice(Word・Excelだの)は入っていない。なにやらひょっとすると個人的にOfficeが必要になってくるかも、そんな予感。

 あ〜あ買わなくちゃいけないのかなと、ため息だったんだけど、むか〜し東芝のノートパソコンを買った時Officeのプリインストール版だったので、いろいろ部屋を探してみるとOffice97のCDが出てくる。プロダクトIDも発見。

 ちゆーことはWindows版の方ではアップグレード版が買えると言うことで、これだけでほぼ半分値段が違うわけで少しほっとする。Mac版もOfficeあるけど、やっぱりWindows版の方が無難なような気がする。

 それ関連で調べててマイクロソフトのサイトを見てたりしてたら「Virtual PC 7」が目に入る。以前から存在は知ってたんだけど、興味あるソフト。さらに他のレビューなどのサイト見てると、G5じゃないとお世辞にも使い物にならないそう。

 WEB制作でWindows、Macのブラウザで確認するようだったら問題ない程度だそう。あいにくうちのiBookはご存じの通りG4、メモリも768MBなのでちょっと力不足か。う〜んでも使ってみたいな。「Virtual PC 7」