Index > Diary > 2004年12月号


最近の更新
BlogRSS
from k-taiRSS
お気に入り

ことばのパズル もじぴったん PlayStation 2 the Best
ひらがな文字で単語を作るという単純明快なルールの間口の広さ、もじくんなど登場キャラクター、効果音や曲などゲームの細部まで「かわいい」の一色。それとは裏腹に、ほんと難しいステージは先読みしてパネルを置いていかなければいけないので、ものすごく頭を使う。でも、知らない単語ができることも多々あり意外と「へぇ〜」って要素もあるし、単語が偶然にでき知らないうちに何連鎖と、ものすごく気持ちいときもある、そうゆう意外性・偶然性は単純に面白い。間口は広いが突き詰めると難しいゲーム。
■Tami的に:★★★★★
***
<< デジカメ不調でしょぼん  パトレイバーを観る >>

12月19日(SUN)
RICOH Caplio RX

 恐ろしく古い車両で、まさかこんなのが走ってると思いませんでした。ものすごくいい雰囲気の車両。それはさておき今回熊本散策で大活躍のRICOH Caplio RX。撮ったらその都度電源をOFFにしてるんですが、起動も速くそう気になりませんでした(たいがいはずっと電源入れっぱなしが多いんだけど)。さくさく撮れるスナップ写真にはもってこいです。

本散策

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 水割りをください 涙の数だけ 今度は思いきり 酔ってみたいのよ こんばんわトモヤです。

 先日16日に熊本に行ってきました。用件は年賀状素材の確保。写真を撮りに行ってきました。

 例によって16日午前1時出発で下道でゆっくり行って午前9時前に到着。車を市内中心部辛島町の駐車場に止める。狙ってる写真を時間は11時からなので、2時間あります。

 ちゆーことで、ずっと市内を市電の路線に沿って健軍まで歩いてきました。距離にしてどのぐらいでしょうか?だいたい5km前後だと思います。1時間ちょいで目的地に。

 まだちょっと時間があったので、健軍界隈をちょっと歩いてみたり、昔住んでいたところや、卒業した小学校ちらっと寄ってみました。熊本に来たらいつも歩くコース。いたずらして缶を流したりして怒られたドブ川もそのコースの一部です。

 11時過ぎ、写真も撮れて(簡単に交渉成立)、難なく年賀状用ネタ確保です。それからまた市内中央部に戻り、今度は市電でいきました。タイミング良く「上熊本駅行き」超低床電車がきたので、以前から「上熊本駅」撮りたいと思ってたのでナイスタイミング。そのまま「上熊本駅」へ。

 上熊本はJR線(鹿児島本線)、市電とあと熊本電鉄の3つの駅が集まってます。JRの駅舎は建築年が大正2(1913)年とのことで市内中心にもかかわらず風格ある木造建築で大正の香り漂う感じ。

 構内も広く熊本駅と大差ないです。そこから熊本電鉄に乗って(たぶん熊本電鉄には初めて乗ると思う)、藤崎宮へ。ちょうど市内北部を中心部にぐるっと回って戻ってくるという感じかな。

 上熊本から北熊本まで乗った車両は恐ろしくレトロで「未来少年コナン」的そんな雰囲気。で乗り換えて北熊本から藤崎宮前まで。こちらはわりと新しい普通の車両でした。

 そこからそのまま歩いて藤崎宮へ。藤崎宮へ来たらハトへ豆やらないと気が済まないので、1袋10円のハト豆を。以前は1袋30円だったような、でもってこないだ行った時は50円だったような気がするんですが。

 ま、それはさておき早速ハトに豆やり。あげようとするとまだ袋も開けてないのにハトが群がる・・・。昔はもっとお行儀よかったのに。豆を持ってる手にはもちろん、頭や肩に容赦なくハト飛びついてくるし。すっかりハトまみれ。

 あんまりこのハトまみれさ加減が面白くもっとハトと戯れたかったので(?)結局3袋もハトに豆あげてしまいました。「はい、豆もうないよ」と言っても、ハトかなりヒートアップしてるので何もない手を差し出せば、また飛びついてくる次第。「あの〜、もう豆ないですけど、なにか?」ハト、きょとんとした目が面白かった。

 すっかりハトまみれになった後は「こむらさき」でラーメン食べて帰りました(もうこれもいつものコース)。

 あ〜しかしでもあんなにハトががっついてくるなんて初めてでした。ちゆーことでまた、ぶんぶんと下道で帰りましたとさ。行って戻って19時間でした。