Index > Diary > 2004年11月号


最近の更新
BlogRSS
from k-taiRSS
お気に入り

ウェブログのアイデア!
ブログの立ち上げ方からネタの集め方(アンテナの張り方)、そしてどうやってブログを活用していくかに的を絞ってブログ全般のことを広く浅く紹介している本。ブログを地域活性化に活かすなんて結構ヒントになったりして、なにかしらの「ヒント」は得られるんじゃないでしょうか。約300pで2時間程度でさくっと読めます。
■Tami的に:★★★☆
***
<< 松本人志著「遺書」を読む  「おかん」は「おかん」 >>

11月25日(THU)

が生まれました、名前をすずとつけました

このエントリーをはてなブックマークに追加 

 黙ってましたが、先日娘が産まれました。

 当日は立ち会えなかったんですが(かみさんはいいと言ってたが)、病院に行って手を消毒とかして娘を抱かせてもらいました。軽いような重いようななんとも不思議な感じです。

 名前も前々から二人で考えてて娘だったら「すず」って名前がいいよね、なんて話してたので「すず」になりそうです。

 変な夢を見ました。冒頭書き出しはすこし脚色してますが・・・。でもかなりリアルでかなり覚えてる夢で。夢って起きた瞬間覚えていよう!と思っても夢見たことだけ覚えていて、内容は忘れてしまうもんじゃないですか。

 だけどそんな夢を見たんです。抱きはしませんでしたが、かみさんの胸の中で抱かれてる娘をのぞいたことは覚えてます。そのときのかみさんの幸せそうな顔ったらありゃしません、本当に嬉しそうで幸せな顔してました。

 名前もつけて、冒頭のように「すず」と付けてました。漢字では「鈴」と書きます。そのときのかみさんの顔、会ったことある人でも知ってる顔の人でもなくぜんぜん知らない女性(ひと)なんですが。

 ただ幸せな顔してたのが印象的でした。へんなの。娘の名前もすずって。できすぎた話じゃありません?ま、夢ですからね。(結局夢オチかい!と怒らないでくださいよ)