プリウスが太陽光発電パネル載せるっていってるけど微妙な件

このエントリーをはてなブックマークに追加


 プリウスの次世代モデルに太陽光発電のパネルを載せるとのこと。その電力はエアコンに使われるそうな。車のエアコンで必要な動力はだいたい 2~3kw だそうで、おおよそプリウスに搭載されるであろう太陽光発電パネルは、せいぜい 300w 前後と思われ(多く見積もってもいいとこ 500w かな)。そう考えると 2~3kw に対して1割程度しかないので微妙かも知れない。

 

 太陽光発電のパネルの性能はだいたい 1m²=100~130w ぐらい(パネルの出力ワット数をパネルの面積で割ると簡単に算出できる)。プリウスでそのパネルが搭載されるであろう面積が、想像で約 3.2m² くらい(これは単純にプリウスのスペックの全幅と室内長をかけ算した数字)。

 これだけで見ても、エアコン用に使うって用途はほんの一部の微力であるのが何となくわかる。ま、確かにないよりマシだけどってレベルだわな。単純にプリウスの環境負荷が少なくなりましたよって、ちょっとしたイメージアップの付加価値にしか過ぎないし。

 なーんてちょっと思った。(なんか間違ってたらコメントで指摘してくれると助かります)

メモ 関連記事

Mon, 21 Jul 2008 16:28|PC・デジタル家電関連 | comments (4) | trackback (1)

このエントリーをはてなブックマークに追加



コメント

クルマに対する誤解の代表例の一つがエアコンの駆動源についてです。クルマの場合、エアコンのコンプレッサーは電力で回すのではなく、エンジンのメカニカルな出力で直接駆動します。ですから、クランクプーリー、エアコンコンプレッサー、オルタネータの3点は一本のベルトでつながれており、エアコンコンプレッサーに関しては、サーモスタットがONになったときだけ電磁クラッチが接続されて仕事をする仕組み(あとは空転するのみ)です。近頃は自動車のエンジン出力がPSからKWに変更されつつあって、エアコン駆動に2〜3Kwを要す、といってもこれはエンジン出力のうちの2〜3KWが消費される、ということであって、電力が2〜3KW消費される、ということではありません。そもそも車載電装の12(V)定格で2〜3KWを要すとなれば167〜250(A)程度が必要になるはずですが、このクラスのクルマの標準的なオルタネータの発電容量は80〜90(A)程度に過ぎません。因みに200(A)のオルタネータといえば、アメ車のSUVやトラックに搭載される強化型などに限られます。分かりやすく言えば、エアコンを電力駆動するクルマは事実上存在しないのです。以上のことより、プリウスのエアコン動作に供せられる太陽光発電の電力の大半は、おそらく送風用と思われます。また、今後のプランとしては、単にエアコンのみならず余剰分をバッテリーに充電することでさらなる燃費改善につなげたい旨も発表されていますので、まあ実物が出てくるまで楽しみにして待ちましょう。なお、簡単に300(W)程度といいますが、それが本当ならば、常時25(A)程度の電力を発生する電力源ということであって、それこそ45〜75AHクラスの標準的なバッテリーをエンジンのパワーを一切使わずに太陽光だけで完全に充電しきることができる、という意味であって、それは凄まじい性能です。
| koron | EMAIL | URL | 2009/05/21 10:36 PM | UGZGY/LI |

残念〜
プリウスのエアコンは電動コンプレッサーだよ〜ん

調べてみてね〜
| プリウスオーナー | EMAIL | URL | 2010/01/18 03:39 PM | y900sSBE |

乗車時間が1時間だったら、日射5時間と仮定すれば大半は賄えるのではないでしょうか。
あと、もし動力に使えるのであれば1日充電すればコンビニくらいはエンジン掛けずに出掛けられるかもしれないですね。

こんだけしか乗らないならガソリン車のほうがよっぽどエコですけどね。
| ななし | EMAIL | URL | 2010/06/13 01:06 AM | 4iEgf84w |

鼻くそと目くそのケンカか。。。

今は周知の事実ですが、プリウスの
ソーラー発電の電力は車内換気に使われるのであって
エアコンに使われるものではない。
| たみを | EMAIL | URL | 2010/07/23 09:27 AM | lpN2/gRA |


コメントする











トラックバック
太陽光発電のおかげで国はもっとよくなる、太陽光発電で土地も民も戻ってくるよ
| 太陽光発電 のお話 | 2008/07/25 12:45 AM |